ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

『雲のうえ』の話。 

2013/05/05
Sun. 09:26

昨日も一日雨でしたねぇ。
にもかかわらず、旅行客の方や帰省された方など多くの方がご来店くださいました。
さて今日はどんな一日になるでしょうか。

今日もモリブロオープニングイベントのご案内です。
北九州市で発行しているフリーマガジン『雲のうえ』編集委員3人のトークイベントがあります。
『雲のうえ』を岩手で置いているのはひめくりだけなので、見たことがない方が多いかもしれません。
雲のうえ公式サイトはこちら→ 

DSCN7648_convert_20130504233044.jpg 『雲のうえ』13号から届けてもらい始めて、18号まで出ています。

すでに18号はなくなってしまいましたが、追加をお願いしているところです。
いつも置けば短い期間でなくなってしまいます。人気です。だっておもしろいんだもの。
行政が出しているとは思えない、視点・自由度。

20130430_437350.jpg なんたってこの表紙ですよ、18号。丸尾龍一くんご自慢のデコチャリ!

そんな『雲のうえ』を作っている編集委員会は、
牧野伊三夫さん、有山達也さん、つるやももこさんの3人。

ひめくりでは、牧野さんが編集発行人をされている『画家のノート 四月と十月』や、
個人で作られているポストカードなどを開店当時から販売しています。
雑誌『暮しの手帖』や小説『かもめ食堂』の表紙のイラストを描いたりされているので、
目にしたことのある方も多いのでは。牧野さんは北九州市のご出身です。

有山さんはこれまた皆さんご存じの『ku:nel』(クウネル)のアートディレクター。
つるやさんは以前新潮社から発行された『旅』で、まちの編集室を取材したことのある方なのだそう。
こんな風にご活躍されている3人を編集委員にした北九州市って・・・?
聞き手は『てくり編集部』のねえさんたち。
どんな話が飛び出すやら。ほんとにほんとに聞きたいっす。。。

『雲のうえ』編集委員に聞く 虫眼鏡と望遠鏡/地域誌の今、これから
5/12(日)13:00~ 会場:プラザおでって<5階>カフェテリア

※こちらはチケットが必要です。
前売券:1,000円(1ドリンク付)/定員30名
モリブロの公式サイトから予約をしていただくか、
チケットを販売している市内のお店で直接購入してください。
ひめくりでも販売していまーす!



四月と十月文庫2『ホロホロチョウのよる』(港の人発行)の著者 ミロコマチコさんが
本日5/5(日)のTBS『情熱大陸』で特集され放送されます。
『ホロホロチョウのよる』はひめくりでも販売中です!

港の人さんは、モリブロオープニングイベントのブックマルシェに出店されますのでこちらもどうぞ~。

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。