ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

ひめくりのGW 

2013/04/27
Sat. 21:00

世の中はGWですが、ひめくりはガッツリモリブロ広報強化週間(略してGW…)です!

DSCN7578_convert_20130427191945.jpg モリブロまで約二週間。

オープニングやクロージングのイベントにはたくさんのゲストが来盛します。
ゲストの方々は何かしらというかどっぷりというか、それぞれ“本”に携わっています。
そんなわけで、それらの本をご紹介しよう!というのがひめくりのGWなのです!!

DSCN7579_convert_20130427192005.jpg まずは牧野伊三夫さん。

奥の写真には牧野さんが写っています。お隣りには、もたいまさこさん!
『ku:nel』がチラッと写っていますが、「よろず相談」という特集の中で、
「牧野伊三夫さんってなにものですか?」という質問が・・・。
牧野さんは画家です。が、何やら他にもいろいろやっているんですよ。

先に宣伝。ひめくりではモリブロ街かどイベントとして『牧野伊三夫展』を開催します!
それと『東北+αブックコンテナ』を同時開催。
5/10(金)~6/2(日)。こちらの詳細は後日・・・。

さて牧野さん、小冊子『画家のノート 四月と十月』の編集発行人として、
5/11(土)13:00からの「ミニコミ・同人誌 本音トーク 雑誌づくりっておもしろい!? 」に登場します。
こちらには、後ほどご紹介する『Kalas』の西屋さんと、てくり編集部も参加。
司会は南蛇楼綾繁さん。南蛇楼さんはモリブロ皆勤賞です!
会場は、もりおか啄木・賢治青春館<1階>喫茶「あこがれ」。
このトークイベントは予約が必要です。
※無料ですが、別途お飲物をご注文ください。


牧野さんは北九州市で発行している『雲のうえ』の編集委員でもあります。
『雲のうえ』はフリーマガジンで、発行されるとひめくりにも届けていただくのですが、
いつもあっという間になくなってしまいます。だっておもしろいんだもの~!
現在18号まで出ていますが、バックナンバーはほとんど在庫がないという状況。
そんな中で「バックナンバーの合本を!」という多くの声に応えて発行になったのが
『雲のうえ 一号から五号』。1,365円で絶賛発売中です!!

『雲のうえ』編集委員の皆さんのお話を聞くことができるイベントもあります。
5/12(日)13:00からの「『雲のうえ』編集委員に聞く 虫眼鏡と望遠鏡/地域誌の今、これから」。
会場は、プラザおでって<5階>カフェテリア。
こちらには再び牧野さんと、有山達也さん、つるやももこさんが登場。
聞き手はてくり編集部。
有山さんはわかりやすいところで言うと、雑誌『ku:nel[クウネル]』のアートディレクションを担当。
つるやさんは雑誌や企業誌、広告で様々な取材を行い、ご自身の著書も出されています。
聞きたいなぁ、本当に聞きたい!
デザインや編集、企画などのお仕事の人が聞いたらおもしろいんじゃないですかね~。
元職場の人たちに声を大にして言いたいね!(笑)

こちらはチケットが必要です。
前売券:1,000円(1ドリンク付)/定員30名
モリブロの公式サイトから予約をしていただくか、
チケットを販売している市内のお店で直接購入してください。
ひめくりでも販売していまーす!


DSCN7580_convert_20130427192028.jpg 四月と十月文庫(港の人発行)各種。

こちらの本の装幀は牧野さん。
四月と十月文庫3は『装幀の中の絵』著者は有山さんです。
デザインは時々cartaさんでギター演奏会を行っている青木隼人さん。

DSCN7581_convert_20130427192050.jpg 三重県津市発の小冊子『Kalas』です。

編集・発行をほぼ一人で行っている西屋真司さん。
西屋さんも先にご案内したトークイベントに参加。
『Kalas』を見ていただければわかりますが、カラーで結構分厚い冊子です。
これを一人で・・・本作りのことを少し知っている者としては遠い目になります。
きっとおもしろいお話が聞けると思いますよ~。


もうひとつ、あ、ふたつ、ご紹介しようと思いましたが今日は力尽きました。。。
いっぱい書いたけど、わかりやすいのはモリブロ2013公式サイトですよ~(^_^;)
それでは続きはまた明日!
あ、高橋昌子さんのうつわもいっぱい届きました~!

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。