ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

盛岡も東京もよろしくどうぞ。 

2012/11/18
Sun. 19:45

ついに初雪が降りましたね。
ドタバタしている時だったので、あまり感慨もなく「あぁ」みたいな感じに通り過ぎてしまった。。。
月に一度開催されていた紺屋町のアンチック市も、年内は今日が最後。
材木町のよ市も今月で終わり。
寒い冬が来る~。るるる~。(本当はあまりうれしくないけど、一応明るい気持ちを装ってみる)


風が強くて寒いこんな日でも来てくださった皆さま、ありがとうございます。
マグカップを買ってくださった方々、温かい飲み物でくつろぎタイムをお過ごしください。
さて今日は、兵庫県・淡路島の斉藤幸代さんの作品をご紹介いたします。

DSCN6504_convert_20121118182515.jpg フタ付きマグカップが大人気です。

斉藤さんは磁器のマグカップと豆皿を届けてくださいました。
色がとてもきれいなのと、写真を見てわかるとおりフタや持ち手部分の紋様がかわいい。
斉藤さんとの出会いは、なんとたった2カ月前。
銀座松屋の手仕事直売所に参加されていました。
「なんじゃこりゃあ!」のかわいさに、即座にアタックしてしまいました(笑)
話をしてみたら同い年。それだけでなぜか親近感がわく不思議。
昨日ご紹介した市岡さんも同い年で、なんと後日ご紹介する田屋さんも。
偶然なんですが、なんだかうれしいです。
話を戻します。
斉藤さんの豆皿もとてもかわいいんだけど、もったいぶって今日はマグカップのみ。
今回はないのですが小皿もとてもかわいいんで、また別な機会でご紹介できればと思います!



ここ数日、智穂さんの展示会が終わり、
マグカップ展が始まりってだけでもまぁドタバタするわけですが、
別件が加わり「さらに倍!」(←このフレーズに聞き覚えのある人は同世代♡)って感じだったんです。

DSCN6518_convert_20121118182429.jpg 別件により出来た段ボールの山。全部で16箱になりました。

夜逃げの準備みたい(^_^;)
いやいや縁起でもない。ひめくりは明日で2周年ですからね。
これらは本日東京に向けて発送しました。
なぜかというと・・・

DSCN6519_convert_20121118182357.jpg てくりpresents 「いわてのうるし展」のために!

まちの編集室から発行された「てくり別冊 いわてのうるし」に関連したイベントが東京で行われます。
会場は2カ所。お近くの方、よかったらどちらものぞいてみてください。
岩手でつくられている「うるしのうつわ」と、ぬくもりある手仕事の品々を展示販売。
お椀にあう飯椀あれこれ、スズタケかご、染物、雑穀や駄菓子などもお持ちします。
cafe Hi-famigliaの会場では、まちの編集室メンバーや塗師の田代 淳さん
滴生舎の方などがお待ちしています!ぜひ色々お話してみてくださいね。

2012年11月21日(水)~25日(日)

◎cafe Hi-famiglia
11:00-22:00(最終日17時まで)
東京都三鷹市下連雀3-38-4
tel.0422-38-8311
http://hifamiglia.exblog.jp/

◎器と道具 つみ草
12:00-20:00
東京都武蔵野市吉祥寺南町2‐20‐3‐1F
tel.0422-24-9585
http://www.tumikusa.net/index.html


★トーク&実演/ザ・うるしナイト「日野明子さんと漆に関わる不敵な面々」
≪内容≫
漆掻き取材裏話「うるしはエロい?」
漆掻き職人、塗師・鈴木健司×写真家・奥山淳志

「『いわてのうるし』ができるまで」
クラフトバイヤー・日野明子×滴生舎・小田島勇×塗師・田代淳

≪日時≫2012年11月23日(金)18:00~
≪会場≫cafe Hi-famiglia
≪定員≫30名
≪料金≫3,000円(ワンドリンク、二戸の食材を使ったワンプレート付き)
≪お申込方法≫cafe Hi-famigliaにて直接お申込みいただくか、
てくりサイトのメールフォームをご利用下さい。
※パソコンからのメールを受信可能なアドレスにてお申し込み下さい。
※定員となり次第締め切ります。

≪漆掻き実演タイム≫13:00~、16:00~(店舗入り口にて)


★漆で直す技・金継ぎレクチャー(主催…器と道具 つみ草/講師…田代淳)

≪日時≫2012年11月24日(土)基礎編10:00~/仕上げ編13:30~
≪会場≫吉祥寺南町コミュニティセンター
≪定員≫15名
≪料金≫各回3,500円
≪お申込方法≫つみ草にて直接お申し込み下さい。


ということで、お近くの方、お近くでなくても三連休で「東京に遊びに行くだ」という方、
てくりのファンの方、うるしに興味のある方、手仕事のものが好きな方、
皆さまどうぞ、「いわてのうるし展」へおいでませ~(こんな時だけ使い慣れていない盛岡弁を使う)。

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。