ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

のんべえ万歳! 

2012/06/05
Tue. 19:07

本日の最高気温は29度とか…。
こんな日はビアガーデンにでも行きたいですね。
「そうですね」と、こたえたあなたは“のんべえ”さんでしょうか。

DSCN5122_convert_20120605142136.jpg 木村衣有子さんの『のんべえ春秋(はるあき)』が届きました!

モリブロ会期中、Cygで『ZINE STOP tohoku』と同時開催されていた『十二篇』。
木村衣有子さんの文と武藤良子さんの絵による作品が壁に描かれていました。
こちらの本は展示会の間、Cygで販売されていたのですが、
会期が終わり、いよいよひめくりでも販売開始!あ、hinaさんとcartaさんにもあります!!

発行所は木村半次郎商店。
木村衣有子さんの個人的出版を行う、家内制猫の手も借りたい工房、だそうです。
猫の手として(?)装丁・挿画を手掛けたのは、木村ねえさん(『てくり』アートディレクターの木村敦子さん)。

内容もご紹介したいところですが、それは読んでみてのお楽しみ。
まぁ言えるのは、飲みたくなっちゃう本ってことですかね。



さて、あなたのお父さんは“のんべえ”ですか?
なぜそんなことを聞くか…それは父の日が近づいてきたから。
そうなんです、そんな時期なんです。
お酒が好きなお父さんにおすすめのものをご紹介したいと思います。

DSCN5115_convert_20120605141951.jpg 陶来さんの焼酎カップ。たっぷり入りそうですね。

DSCN5118_convert_20120605142024.jpg 口をつける部分が微妙に三角っぽくなっているの、わかりますか?

陶来の大沢さん曰く、少し遊びがあったほうがお酒を楽しく飲めるでしょ?とのこと。
なるほど、納得。

DSCN5120_convert_20120605142055.jpg 色が少し違うもの。こちらは鮮やかなブルーがさわやかです。右はもっきり。



今月末に開催するワークショップのご案内です。

初夏の草木染ワークショップ

中津川沿いを歩きながらヨモギの若葉やハルジオンを摘んで、
大沢川原にあるホームスパン作家・田中祐子さんの工房へ。
摘んできた材料を煮出して液を作り、シルクのマフラーを染色します。
材料と薬品の選択により、グレーやカーキ、明るい黄色に染まります。

【開催日時】 6月28日(木)11:00~14:30(予定)
11:00 ひめくり集合→工房へ。到着後、準備、抽出など。
(この間に昼食。紺屋町Due Maniのサンドイッチ)
13:00 染色開始 ~14:30 終了・解散予定

【定 員】 6名

【参加費】 4,000円(材料費・昼食代を含みます)

【用意してくるもの】 エプロン、タオル(手を拭く)

【集合場所】 shop+spaceひめくり
※解散は、工房のある大沢川原となります。
※雨天の場合は現地(工房の場所は下記参照)集合となります。前日の天気予報により判断し、変更の場合はご連絡いたします。現地集合の場合は、材料を摘む工程が省かれますのでご了承ください。


【講師紹介】 田中 祐子(たなか ゆうこ)
1954   盛岡市生まれ
1974~80 蟻川工房にてホームスパンを学ぶ
1980~  工房開設 染織の仕事を始める
現在工房にてホームスパン教室のほか、手織り、草木染などのワークショップを手がけています。
<羊の花工房>盛岡市大沢川原2-6-12 司荘10号

※当日は司荘8号の「アトリエ てとて」を見学することができます(予定)。


お申込みはひめくりまで。
ブログのメールフォームから、お名前・連絡先をご記入の上、お申し込みください。
電話・ファックスでも受け付けます。


明日は水曜日ですがお休みをいただきます。
そして明後日は定休日。
というわけで金曜日にお会いしましょう。
よし、飲むぞ~!

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。