ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

あらためて「モリブロ」 

2011/05/17
Tue. 18:38

5月1日から始まった、東北ブックコンテナ。
いよいよ明日までとなりました。

DSCN2243_convert_20110517181436.jpg このレイアウトもあと一日。明日は16:00までとなります。



よく店に来てくださるAさんが、昨夜ニコニコ顔でご来店。
メインイベントの日も来てくれたばかりだったので「どうしたんですか?」って聞いたら、
小袖さんのモリブロ企画「スクラップ・ブッキング」に参加してきたとのこと。

DSCN2230_convert_20110517181257.jpg DSCN2233_convert_20110517181410.jpg 

ひめくりのワークショップで作った蔵書印も押されていました(右)。
モリブロ月間を本当に楽しんでくれているAさん。
公会堂でモリブロくんになった写真や、モリブロのロゴ、そして、
モリブロ実行委員会がイベント開催にあたっての思いを綴った言葉などがちりばめられていました。

あらためて、その言葉を載せたいと思います。



モリブロ Morioh Liblo
本(リブロ)でつながる、気持ちひろがる。盛岡(モリーオ)から。

「てくり」は、2005年より年二回、
「盛岡の“ふだん”を綴る本」として
これまで通算12号を発行してきました。
日常の暮らしにこそ記録するべき風景、
伝えたいものごとがあり、
そしてかけがえのない「人」がいる、
という思いは今も変わりません。

しかし「3.11」を経験した今、
その“ふだん”をすべての人が取り戻すためには、
とてもたくさんの時間が必要となっています。

「本」というものが困難に立ち向かう際の智慧となり、
「言葉」によって
人々が勇気を得ることができるかもしれないと
今だからこそ信じてやみません。

まちの編集室内 モリブロ実行委員会



メインイベントが終わった今、あらためて読み返して感じるものがあります。
ひめくりは5月いっぱいモリブロ月間。

明後日19日の定休日をはさんで、20日からは「読書のおとも~まとう社展」開催です。
作品は、期間中は展示し、予約注文を承ることにいたします。
会期終了後、ご来店によるお引き渡し、もしくは発送となりますのでご了承ください。

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。