ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

マグカップ展の様子 その1 

2015/11/22
Sun. 20:07

先日お知らせした、宮本さんのガマグチワークショップについて、定員となりました。
この後お問い合わせをいただいた場合は、キャンセル待ちとなりますのでよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三連休の真ん中。
今日もたくさんの方に足を運んでいただきました。ありがとうございます!

昨日の午前中に写真を撮っておいて本当に良かった~。
というわけで、マグカップ展の様子をお見せしたいと思います。
とはいえ参加作家は20名を超えるので、今日のところは半分くらい。
もう半分は明日、ご紹介してまいります。五十音順です。

025_convert_20151122175944.jpg 秋谷茂郎さん(埼玉)

右から3番目のマグカップがいつもとはひと味違った炭化粉引しのぎマグ。
定番の粉引の白に焼き上げた後、コーヒー豆の出しがらとともに焚き上げることで、
少し青みのある、渋めの雰囲気に上がるのだそうです。

008_convert_20151122174822.jpg 泉田之也さん(岩手)

オブジェのようなマグカップが届きました。かっこいいです。
お値段もオブジェっぽいのですが、一目惚れしてしまった方々のもとへ旅立っております。

010_convert_20151122174939.jpg 市岡 泰さん(宮城)

ここに写っているいくつかはすでに売れてしまいました。
逆に写っていませんが、小さめの平皿や人気のしずく皿があります。
コーヒータイムに添えるのにぴったりな感じの。

011_convert_20151122175017.jpg 大谷哲也さん(滋賀)

きれいな白、スベスベマットな質感。
光りのせいもありますが、白のうつわって明るさがありますね。あらためて実感。
奥には工房イサドさんのカッティングボードも。

014_convert_20151122175056.jpg 大沼道行さん(岩手)

大沼さんといえば…の黒ドットや、フチ黒のマグカップ、スープカップなど。
青磁のマグや小皿、一点もののフタモノなどもあります。

018_convert_20151122175324.jpg 金沢英徳さん(岩手)

定番のふっくらしたしのぎのマグカップが3種類。
粉引は光沢(左)とマットのタイプがあります。
シンプルな蓋物も使いやすそう。

028_convert_20151122180340.jpg 樹ノ音工房さん(福島)

とてもたくさんの作品を届けてくださいました(写真に納まりきらず…)。
マットな白のシンプルなタイプもあれば、カラフルなもの、かわいい絵付けのものなど。
いっぱいあるので皆さんものすごく迷うようです(笑)。

001_convert_20151122174141.jpg 久保田健司さん(栃木)

この時点で少し減ってしまっていたのですが、今はさらに少なくなりました。
当店では緑は初登場ですね。いい色です。

015_convert_20151122175132.jpg クラフトマンスタジオ冬扇さん(岩手)

軽くて使いやすいと女性ファンの多い高橋昌子さんのうつわ。
中でもマグカップは、すぐに減ってしまいます。
初めて見るデザインのものもありますよ。

021_convert_20151122175536.jpg 桑原哲夫さん(茨城)

今回ポットが少ない中で、桑原さんは5点も出してくださいました。
青磁、ヒワ青磁、グレー釉と色で分けると3種類、丸っこいのあり、立ち上がりのあるものあり。
マグカップもポットと色を合わせられるような組み合わせでいろいろと。

大谷さんのところでお名前を出したので、こちらもご紹介しておきたいと思います。
マグカップ以外でもお茶の時間を楽しむアイテムということで…

029_convert_20151122175654.jpg 工房イサドさん(埼玉)

こちらはコースターです。おうち形は個展などでたまにしか作らないレア物だそう。
写真下のコースターがマグカップっぽく見えたのがイサドさんと話すきっかけだったので、
今回の展示にまた並べることができてとてもうれしいです。


今日はここまで。
明日は予想最高気温が5℃とか。。。
は~、覚悟せねば。

003_convert_20151122174055.jpg 今日は「いい夫婦の日」。結婚記念日の皆さま、おめでとうございます。


page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。