ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

カレンダーのトップバッターはユウダイさん。 

2015/10/02
Fri. 19:23

中津川に鮭が戻り、岩手山に雪が降り、10月が始まり、
否が応でも近づいてくる冬、そして2016年!
カレンダーのことを聞かれる季節がやってまいりました。

039_convert_20151002181416.jpg 当店のトップバッターはこちら。オガサワラユウダイさんのカレンダーです。

これまでクラフト紙(茶色っぽい紙)に印刷されていましたが、
今回は白く、少し風合いのある紙に印刷され、それだけでも印象が違います。
それぞれの月ごとに、テキスタイルデザインのようなイメージで模様が散りばめられ、
かわいらしい子どもプラス、なんと動物が描かれています。
2月はアノ動物ですよ!にゃは~。

ひめくりオリジナルのカレンダーももちろん販売します!
が、まだもう少しお待ちくださいね。
今回も、イラストはさいとうゆきこさんです。
そしてそのほかのカレンダーもゆっくりぎみに届くと思いますのでよろしくです…。



001_convert_20151002181507.jpg 昨日は、見送りをする気のない姫と栗を置いて北へ。

004_convert_20151002181547.jpg めずらしく助手席。あ、風景が撮れるじゃん!と思った時にはすでに岩手山は後方へ。

009_convert_20151002181633.jpg まちの編集室の水野さんが浄法寺へ行くというのでくっついて行きました。

012_convert_20151002181719.jpg 久しぶりの滴生舎。秋から冬にかけ、展示会続きで品薄ぎみだそうです。

とはいえ、多くの塗師の作品が並んでいるのでやっぱり見応えがあります。
「お椀」ひとつをとっても、それぞれがこだわりを持って木地師に挽いてもらった形は、バランスが皆違います。

031_convert_20151002181955.jpg 店内から作業風景を見ることができたり、工程がわかる展示も。

021_convert_20151002181916.jpg 020_convert_20151002181838.jpg 使用前(左)と使用後(5年)の漆器。

おわかりいただけますでしょうか。
使用前のほうがしっとりマットな質感で、使用後はツヤがあることを。
ツヤが出てくると、ますます愛着が湧くものです。
漆器の扱いが不安でなかなか手が出せないという方もいらっしゃるかもしれませんが、
気をつけるのはほんの少しのこと。
なんて、鉄瓶同様、使ってみたから言えるようになりましたが、私も使う前は不安でした(^_^;)

汁物に良さそうな小丼ぶりや、カップなども充実していました。
この後、日本一の漆の産地・浄法寺ならではのイベントがあるようなので、
内容がわかったらご案内したいと思います。



024_convert_20151002182303.jpg やわらかい土の上に落ちた枯葉を踏みながら歩く感触が気持ちよかった~。


page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。