ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

東日本大地震 

2011/03/13
Sun. 16:54

おととい、3月11日(金)の午後に大きくて長い地震が起きました。
その時は、まちの編集室の水野さんと木村さんが偶然店にいて、一人ぼっちではありませんでした。
おかげでパニックを起こさずに、ガスの元栓を閉めたり、ストーブを消したり、
大きな器を下のほうに置いたりすることができました(早く外に出なさいと怒られましたが)。
本当に一人じゃなくてよかった。
その後もお客さまや、岩井沢工務所さん、田代 淳さんなど
たくさんの方々が様子を見に来てくれて、本当に心強かったです。
停電になってしまったので、店を閉め、ござ九さんでローソクを買って帰りました。
家に帰って「マッチないじゃん(ガーン!)」と思いましたが、
ライターを探し出し、なんとか着火。

DSCN1564_convert_20110313164226.jpg 防災グッズを今度こそ揃えようと思ったのでした。


家では姫と栗が腰抜け状態でした。
姫はベッドの下にもぐりっぱなし、栗は猫階段の本棚の上から降りてきません。
部屋の中は米びつ用のガラスポットが割れました。
米は入ってなかったのでラッキー、と思ったらビーズを入れた缶が落ちて、ビーズが散らばってました。
その日はローソクの灯でごはんを食べ、何もできずに寝ることにしましたが
余震が続いてろくに眠れませんでした。
この時点で情報源は携帯しかなかったので、どれだけのことが起きたのかわからずにいました。
ニュースを見ていて「情報がない、何が起きているのかわからない」
というコメントを何度も聞いたことがありましたが、今回初めてその意味がわかりました。

一夜明け、昨日はどう過ごせばいいのかわからず、
家にいても落ち着かず、ひとまず店に向かってみました。
その後、岩井沢工務所さんへ行って、hinaさんとバッタリ。
自家発電で電気が使えるということで、携帯電話の充電をさせてもらったり、
パソコンで今回の地震のすごさを初めて映像として見ました。衝撃でした。
でもまだまだわかっていませんでした。

DSCN1565_convert_20110313164313.jpg 家に帰る途中、信号は相変わらず消えたまま。

夕方、家の電気が復旧してテレビでニュースを見て、
いよいよ本当にひどい、とんでもないことが起きたんだと実感しました。

電気が思ったより早く復旧して、とてもありがたいと思いました。
遠くにいる友達からメールや電話をたくさんもらいました。
こちらから仙台の友達や、被災地に身内のいる人に連絡をしてみたり。
まだ家族と連絡が取れていない友達が何人もいます。無事を祈るしかありません。



今日から店を開けました。
どうしたものかと思いましたが、店に行く前にcartaさんをのぞいたら、
「自分たちにできるのは店を開けることかなぁと思って」という言葉に励まされ、
いつもどおりの時間にオープンしました。
「大丈夫でしたか?」「開いててほっとしました」など
うれしいお言葉をたくさんいただきました。ありがとうございます。
今日は少し早めに閉めますが、明日からは通常どおり営業します。

盛岡は大部分の地域で電気が復旧してきたようです。
悲しいし心配だしどうしたらいいかわかりませんが、
元気を出してみんなでがんばっていくしかないですよね。

明日からはまた、いつものような「ひめくり日記」。
金継ぎ教室のこと、モリブロプレイベントのご案内などなど、
どんどんご紹介していきます!

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。