ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

くりくりくりっくり~。 

2014/10/17
Fri. 19:40

014_convert_20141017165439.jpg くりくり展、始まりました。見てくり

015_convert_20141017164953.jpg 昌子さんの磁器と大益さんの鉄瓶と栗。(大益さんのブログ要チェック→🌰

016_convert_20141017165036.jpg 硝子工房窯硝さん杏工房さんのうつわなど。

017_convert_20141017165111.jpg 草彅さんの練り込みと東北巧芸舎さんの栗皿、夢積工房さんのくりブローチ。

021_convert_20141017165256.jpg 019_convert_20141017165218.jpg 018_convert_20141017165143.jpg

左の棚は、市岡さんの栗皿。
真ん中は久慈さんのフェルトマフラーや汲古舎・植木さんのこぎん刺しのコースター、
そしてひめくりオリジナルの小田中さんによる栗の風呂敷、
ザ★スズキハチミツさんのミツロウキャンドル。
右の棚は、工藤陽之さんSanmaruyonさんのブローチ、
紙町銅版画工房さんのポストカードや、版画工房みのむしさんのぽち袋など。

031_convert_20141017171716.jpg スミレノさんからは栗の渋皮煮。大きな栗がごろんごろんと入っています。

要冷蔵ということで、冷蔵庫で冷やしております。
食べたい!という方はお気軽に申し付けてくり

ひとつひとつの作品のことも紹介したいのですが、今日のところは全体風景で。
しかし、紹介する前に旅立っていく栗たちも多い…そこは許してくり
もう一度、字を大にして書きますが、みんな、来てくり~!


さて、明日開催する、くりくりワークショップ「文庫本サイズの“くりNOTE”をつくろう!」ですが、
まだお席がありますので、ギリギリのお申し込みでも大丈夫です。
迷っていたけど…という方は、ブログのメールフォームから、
または明日お電話ででもお問い合わせください。
紙町銅版画工房さんがTwitterなどにアップしてくださっている画像を並べてみると、
製本の工程が部分的にですがわかります。
この部分をやってみたい方もいらっしゃるかもしれません。
そこはまた別な機会があると思いますのでお楽しみに。

BzpFFHbCMAAqs34.jpg BzpFgK4CQAAqOA5.jpg 上の橋の通り沿いに工房はあります。

Bz4XP8hCYAE0Fve.jpg Bz-PxCgCIAAlWFH.jpg B0IUpKFCIAAVPLK.jpg

このような工程を踏んで、きれいに製本された文庫本サイズのノートが用意されます。

BzuZ0VvCEAAHA0H.jpg そしてかわいい消しゴムはんこたち。全部使いたいけどどうしましょう。

ByhSNdLCMAA6hiL.jpg 悩みながら、お気に入りの一冊をつくってみてくださいね!





img090.jpg 昨日はCygで開催中の展示を見に行ってきました。楽しかった!

出町隼人 エクサントリシテ
10/1(水)-10/31(金) 11:00-19:00/会期中無休
※18日(土)はイベントのため18:00まで
Cyg art gallery (盛岡市内丸16-16 大手先ビル2F) 入場料 無料


201410162149000.jpg 夜はくりくり展に向け栗ごはんを食べました。栗に邪魔されながら…



page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。