ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

大沼さんのフタ物と、大益さんの雫ちゃん 

2014/08/12
Tue. 14:30

お仕事の方も多いとは思いますが、昨日も今日もほぼお休みモードですね。
帰省、もしくはご旅行の方が圧倒的に多くなってきました。

さて、大沼道行展は5日目。
今日は、フタ物を紹介します。

002_convert_20140812132929.jpg こちらは調味料を入れるのに良さそうな大きさ。

003_convert_20140812133009.jpg サイズ感が伝わりませんが、こちらは高さ6cmくらいのかわいい大きさ。

「柚子胡椒を入れる」と買っていったお客さまがいらっしゃいました。ぴったりですね!
よく見ると、ひとつひとつ大きさやフタの形が違うので、皆さんじっくり見比べて選んでいかれます。




001_convert_20140812132852.jpg 髙橋大益さんから「雫」ちゃんが届きました。

3月に大益さんのてつびん展をやった後、6月に新入りした「雫」。
あっという間にお嫁入りしてしまって、再入荷となりました。
以前ブログで蓋のツマミ部分を特注された鉄瓶のことを書きました。
その時、本当はもう一点あるんだけど、
まだご本人の手元に届いていないので紹介は後日と言ったきりになっていました。
お渡ししてからずいぶん時間が経ってしまいましたが、せっかくなので…

008_convert_20140812140037.jpg ツマミがなんとりんごに!りんごはペーパーウェイトとして販売しているもの。

意外なオーダーに大益さんも驚いていました。
出来上がった雫ちゃんをお渡しした時、お客さまはとても喜んでくださいました。
その後、6月末に開催された「工の会」でお客さまが大益さんのところを訪ねてくださり、
あらためてご挨拶してくださったようで、大益さんもまたご本人と会えて喜んでいました。
んー、いい話だなぁ。(自分で書いててよく言うよ!って感じですけどね…)

私のてつびん物語はもちろん続いています。
使ってみて思うことは、別に面倒なことはないなぁということです。
そして、時々白湯を飲んでみると、前よりおいしくなったかな?と思ったり。
沸かしたお湯を入れっぱなしにしない、極端に言えば気をつけるのはそれだけ。
もちろん注意点は他にもありますが、これを守ればそうそうトラブルは起きないのでは。
なんて、自分もまだ鉄瓶新入生ですからね、慣れたあたりに失敗することもありますもんね。
毎朝、お湯が沸くと鍋つかみを使って鉄瓶を持つのですが、
寝ぼけて鉄瓶の鉉を直に持ってしまうのではないか、それだけが心配です(^^;)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。