ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

三人展、後半スタート。 

2014/06/20
Fri. 19:11

この季節に開催できて、ほんとによかったな~と思う三人展。
今日から会期後半となりました。

021_convert_20140620160124.jpg 022_convert_20140620160058.jpg 柴田 恵さんの作品。

画像を大きくしてみないとわかりづらいと思いますが、左は透かし編み。
恵さんが最初から最後まで一人で制作するこのタイプの手提げは、
数を作るのがなかなか難しいため、普段はご注文を受けた時に制作していただいています。
どちらもA4の入る封筒がは収まります。右のほうが少しだけ背が高いです。
鈴竹の手提げは軽くて丈夫!
それでももしも壊れたら、状況にもよりますがお直しができます。
傷むとすれば持ち手の接続部分や、底のかどっこのあたりが多いと思いますが、
だましだまし使ってボロボロになってからの修理より、早めのほうが直しやすいそうですよ。



023_convert_20140620160030.jpg 029_convert_20140620153225.jpg 伊藤嘉輝さんの作品。

左はワイングラス。他にも数種類あります。
モールと言われる筋(すじ)模様が入ることで、光の揺らぎに表情が出て、手にもなじみが良い。
右のデザート鉢は、皆さん「アイスクリームが食べたい!」とか
「昔、こういうのでかき氷食べたよね~」とか話されていて、心の中で「うんうん」頷いております(笑)。
再生ガラスを材料にされているからか、どこか懐かしい雰囲気があるんですよね。
今回は大皿や鉢など、普段はお見せできる機会の少ないうつわもあります。



024_convert_20140620160000.jpg 025_convert_20140620153522.jpg 髙橋昌子さんの作品。

左の「つらつら鉢」。画像では見えにくいと思いますが…いろんな模様が描かれています。
大小の水玉や、結晶みたいな形のものなど。
このタイプが並んだのは今回が初めてで、DMに写っているカップもこのタイプ。
昌子さんの作品は、ネーミングも楽しみのひとつです。
「にわか雨ゆのみ」とか、「天の雪盛皿」、「ふくふくボウル」など、
作品と合わせて見ると、フッと笑顔になってしまいます。
ちなみに右の写真に縦長に置いているお皿は「温度計」って言います。
アスパラガスを置いたり、プチトマトを並べてみたり、細長い形だからこその楽しみ方ができそう!

三人展は6/25(水)16:00まで。
皆さまのお越しをお待ちしております!



page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。