ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

渡邊 葵さんの作品。 

2014/12/17
Wed. 19:10

007_convert_20141217130711.jpg 「岩渕俊彦銅版画展 crystal garden」は今日にて終了。

006_convert_20141217133018.jpg 美しいものを見せていただきました。

今回の展示については、あらためてDMを作ったりはしませんでしたが、
お買い物にいらした方、ぽち袋展のために納品にいらした方など、
多くの方に見ていただけたのではないかと思います。
昨日今日のお天気が残念な感じでしたが、そんな中足をお運びいただいた方には
申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいです。ほんとに。
TwitterFacebookでの告知にご協力いただいた皆さまも、ありがとうございます。
それにしても便利な世の中になったものですね。しみじみ。



ご紹介できていないものがいろいろとあるのですが、
今日は新しい作り手さんのものを。

013_convert_20141217145615.jpg 直径8.5cmくらいの小皿。青いものは「海鼠釉」という釉薬が使われています。

015_convert_20141217145653.jpg 鉢と板皿。金彩や銀彩が入ることで華やかさが加わります。

018_convert_20141217145735.jpg こちらはピアスです。金具はチタンを使っているそうです。

これらは秋田県角館町にある、白岩焼和兵衛窯・渡邊 葵さんの作品です。
今月頭、今シーズン最初の本格的な雪の降った日に、
星耕硝子さんに行った帰りにギャラリーと工房にお邪魔してきました。

046_convert_20141217150146.jpg 特別に見学させていただいた登り窯。(通常は見学不可)

白岩焼は江戸時代から伝わるもので、
深く青く発色する海鼠(なまこ)釉を使うのが特徴のひとつ。
土や釉薬などは地元の原料にこだわって作っているのだそうです。
きれいな青だなぁと思っていたのと、金彩や銀彩が鈍い光り方でかっこいいなぁと思っていました。
青いうつわは何を盛り付けたら合うのか葵さんに聞いてみたら、
「ナマコだからかはわかりませんが、海のものとは相性がいいと思います」と教えてくれて、
その瞬間、私にはタコとワカメときゅうりの酢の物が見えました!(笑)

042_convert_20141217153829.jpg 和兵衛窯ギャラリー『白渓荘』

白岩焼 和兵衛窯
秋田県仙北市角館町白岩本町36-2 0187-54-4199
和兵衛窯ギャラリー『白渓荘』 開荘時間9:00~17:00 不定休
HPはこちら→ 



img122.jpg 明日の定休日をはさんで、明後日12/19(金)からはいよいよ「ぽち袋展」です!
スポンサーサイト

page top

2014-12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。