ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

来週末は「くりくりワークショップ」 

2014/10/08
Wed. 17:22

来週末から始まる「くりくり展」。
それに合わせて開催するワークショップがあります。


紙町銅版画工房のくりくりワークショップ
『文庫本サイズの“くりNOTE”をつくろう!』

10月18日(土) ①10:00~12:00 ②13:00~15:00
・参加費 2,400円(材料費込、お茶っこ付)
・定員  各8名
・会場  紙町銅版画工房(盛岡市上ノ橋町5-27)
・申込み・問合せ shop+spaceひめくりまで(ブログのメールフォームから、または電話:019-681-7475)

007_convert_20141008165411.jpg 010_convert_20141008165436.jpg

美しく仕上げられた文庫本サイズの無地のノートに、
岩渕俊彦さんの作った消しゴムはんこを使って自分だけの一冊を作ります。
上の写真は岩渕さんが作ってくれたひとつの見本。
表紙をめくると「玉しき」という紙を使った「見返し」。栗をイメージした色なのがさすが!

015_convert_20141008165527.jpg 2版を合わせるのが難しいとのうわさ…。1版で押せる栗もあるのでご安心を。

013_convert_20141008165502.jpg 背表紙にも押せたらいいなぁと言ったら、こんなチビ栗を作ってくれました。

016_convert_20141008165732.jpg クリヨネ・クリコさんだそうです。

017_convert_20141008165552.jpg 栗おじさん こと 大石井栗之助さんまで登場。

といった具合にまだ他にもいろいろありまして、
約20種類もある消しゴムはんこをどう組み合わせてどこにどう押すか、
きれいな栗、かわいい栗、おかしい栗…いろいろあって悩むかもしれませんが、
シンプルもよし、にぎやかもよし、ぜひ、楽しんでいただければと思います。

ノートはたっぷり144ページもありますので、メモ帳として持ち歩いたり、
来年の日記帳にするというのはどうでしょう。
オリジナルポストカードのおみやげ付きです!
会場は、当店からほど近い、紙町銅版画工房さんとなりますが、
お問い合わせ・お申し込みは、ひめくりまでお気軽にどうぞ。
材料の準備の都合で、なるべくお早目にお申込みいただけると助かります<(_ _)>



明日10/9(木)は定休日です。
明後日10/10(金)は都合により14時頃のオープン予定です。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

page top

2014-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。