ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

金継ぎ教室のご案内。 

2014/03/19
Wed. 18:21

金継ぎ教室のご案内 
~お気に入りの欠けてしまった器、漆で直してまた使いましょう~

欠けたり割れてしまった器を、漆を使って修復する金継ぎ。
教室で丁寧に教えていただき、各自持ち帰り次の教室までに課題を進める、
それを4回繰り返し、完成を目指します。
お気に入りの器があらたな表情となり、ますます愛着を持って使い続けることができるでしょう。
久々の開催です。今回は4期目。講師は田代 淳さんです。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

DSCN3844_convert_20111211183344[1] DSCN3854_convert_20111211200556[1] 3期生の方が直したもの。


【全4回】1回あたりの所要時間は約2時間、定員5名
※4回すべて受講できる方に限らせていただきます。

1回目:4月18日(金) ①11:00~13:00、②14:30~16:30 ※定員となりました。
<内容>材料・用具・工程の説明、器の状態確認、欠けの補修、割れの接着

2回目:5月16日(金) ①11:00~13:00、②14:30~16:30
<内容>進行具合の確認、筆の使い方の説明、欠けの研磨など

3回目:5月30日(金) ①11:00~13:00、②14:30~16:30
<内容>進行具合の確認、欠けに塗り、割れの錆付けなど

4回目:6月27日(金) ①11:00~13:30  ②15:00~17:30
※この日だけ時間が変わりますのでご注意ください
<内容>銀消粉を蒔く  ※仕上げに蒔く銀粉はこちらで用意しますが、
※金粉をご希望の場合、別途料金がかかります。

場  所:shop+space ひめくり
講  師:田代 淳
参加費用:4,000円×4回(受講の都度ご用意ください)
道具セット代:7,500円(初回にご購入いただきます)
※材料と用具をお持ちの方はご相談ください。
持 ち 物:①欠けた器、割れた器をひとり4、5点
     直せるものは釉薬のかかっている陶器、磁器です。
     大きな欠けや細かく割れたものは難しいです。
     5ミリ角までの欠け、割れはパーツが4つ以内のものから始める事をお勧めします。
     ②ウエス(ぼろきれ ※着なくなったTシャツなど)
     ③使い捨てゴム手袋(必ず使い捨てのものをご準備ください。教室と、
     ご自宅での作業などのたびに使用しますので、複数枚入りのものをお勧めします。)
     ④作業着(漆が洋服に付いた場合、洗濯をしても落ちません。汚れてもいい服装、
     もしくはエプロンと腕カバーなど、各自ご準備ください。)
     ⑤タッパー(器を持ち帰るとき使います。直す器が並べて全部入る大きさのものを。
     段ボールなどの箱でもいいです。ふたがあるものをご準備ください。

受  付:定員となり次第、締め切りとさせていただきます。
お申込み:こちらのメールフォームからメールを送っていただくか、
     FAX.にて受付致します。以下をご記入の上、お申し込みください。
     ○氏名
     ○住所
     ○電話番号
     ○ご希望の時間

注意事項:欠け、割れともに漆で直します。漆かぶれについて、個人差はありますが
     体質によりかぶれることがあります。多くは直接触れた場合に起きますので、
     使い捨てゴム手袋をご使用いただき、使用後は触れることのないよう、
     処分をお願いします。直接触れなくても体調や気候にも左右され、
     アレルギー反応が出る場合もあります。これらのことをご承知いただき、
     お申込みに際しましてはご自身の責任においてご判断ください。
     また医療保障などは負いかねますのでご了承ください。

【講師紹介】田代 淳(たしろ じゅん)
1970      東京生まれ
1991      女子美術短期大学 卒業
1994~96   岩手県安代町漆器センター 研修
1996~98   日本クラフト展 入選
1999~2010 真室川町うるしセンター 勤務
2000      日本クラフト展 入選
2001      ドイツTALENTE2001 出品
2003      木と暮らしの工芸展 審査委員賞


教室に通うのは無理だけど、直したいうつわがある、
そんな方は修理のご相談を受け付けますので、うつわをご持参ください。
概算の見積もりをして、直すかどうかはそれから決めていただきます。
買った時のお値段よりも高くなってしまうこともあります。
それでも直したいものもあれば、そこまではしなくても、というものもあると思います。
ちょっとだけ欠けてしまったとか、粉々でなくきれいに割れて直しやすそうとか、
捨てるには忍びなくてとりあえず取っておいているうつわがある方も多いのでは。
そんな方はお気軽にお問い合わせください。

DSCN9296_convert_20131210231614[1] DSCN9299_convert_20131210231647[1] 

こちらは田代さんに直していただいた、大沼さんのうつわです。



明日3/20は定休日です。
ちいさなうつわ展は3/25(火)までなので、今週末が最後の週末。
お時間がありましたら、ぜひお立ち寄りください。
スポンサーサイト

page top

2014-03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。