ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

鎌田祥子さんのガラス。 

2013/07/22
Mon. 18:06

どんよりした朝だなぁと思ったらやはり雨。
休み明けの月曜日、プラス雨により静かめな一日でした。
それでも今回のガラス展を秋田から見に来てくださった方もいて、うれしい限りです。

さて、今日は鎌田祥子さん(硝子工房窯硝)の作品をご紹介します。
鎌田さんの作品は、キルンワークという技法で作られています。
色ガラスの粒や板ガラスなどを電気炉(キルン)で加熱して、
溶着したり、曲げたり、鋳込んだりして作るのだそうです。

DSCN8274_convert_20130722172004.jpg 「手のひら豆皿」直径6cmくらいの小さなお皿。

DSCN8275_convert_20130722171919.jpg 「ふわりのお皿」ぷるんとしたデザートをのせたい感じ。

DSCN8276_convert_20130722171855.jpg わかるでしょうか、金箔と銅線が入っています。

異素材を組み合わせることによってできる気泡がまたかわいらしさを増しています。
画像ではお伝えしきれず残念です。ぜひ実際に見ていただけたらと思います。
スポンサーサイト

page top

2013-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。