ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

暑中お見舞い申し上げます。 

2012/08/01
Wed. 16:00

今日から8月がスタート。
奥のスペース、壁には新しい作品が展示されました。

DSCN5643_convert_20120801152002.jpg 岩渕俊彦さんの『小さな蔵書票展』。

以下、岩渕さんより。

ぼくがこれまで作ってきた蔵書票のいくつかを展示します。
蔵書票(単に書票ともいう)というのは、書物の所有者を明示するためにつくられた紙片のことで、
本来、自分の愛蔵する本の表紙内側の見返しに貼って使用するものです。
「EX LIBRIS ○○」「○○蔵書」などの文字を入れて、書物の持ち主を明らかにします。
通常、票主の趣味を反映した美しい絵が添えられ、「紙の宝石」ともいわれます。
その美術的価値から、書物に貼付するという本来の使い方にとどまらず、
小版画としてコレクションの対象にもなっています。
ささやかな展示ですが、楽しんでいただければ幸いです。



ということで、小さくて繊細な作品が飾られました。
あなたの蔵書票を作ります、というご案内もいただいています。
どうぞ見に来てくださいね。

そして岩渕さんといえば、紙町銅版画工房で銅版画教室の先生だったりもするのですが、
ちょっと久しぶりのワークショップ開催が決まったそうです。
『紙町おとなの美術部シリーズ⑱
エンボスとZwillinge(ツヴィリンゲ)の紙で手づくりレターセット


DSCN5644_convert_20120801172747.jpg よかったら大きくしてみてください。とても素敵な封筒です。 

*銅版画プレス機でエンボス加工。
*ハンドエンボスにも挑戦。
*美しい包装紙を使って、特別な二重封筒をつくりましょう。
*ワークショップで使用した型紙などのエンボスレターセット道具一式は、お持ち帰りいただけます。

8月26日(日)①10:00~12:00 ②13:30~15:30 定員各8名
会 場:紙町銅版画工房(盛岡市上ノ橋町5-27)
参加費:1,200円(材料、お茶代含)
持ち物:カッター、デザインカッター、はさみ、カッティングマット、金属定規、筆記用具
お申込み・お問い合わせは、紙町銅版画工房まで(TEL/FAX 019-652-6316)



秋田県横手市の、うつわ茜さんでは気になる企画展が始まりました。

DSCN5640_convert_20120801152028.jpg 伊藤嘉輝・沖澤康平 二人展

8月1日(水)~10日(金)11:00~18:00(最終日は16:00まで)/会期中無休

暑い日が続いていますが、ここにいけば涼を感じられるかもしれません。
お時間のある方、お近くまで行かれる方はぜひ。
スポンサーサイト

page top

2012-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。