ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

うるしと本 

2011/12/12
Mon. 19:06

うるしづくし展、4日目です。
まずは佐藤 勲さん(東北巧芸舎)の作品を。

DSCN3868_convert_20111212183124.jpg なんと、木でできたお供えセット!上からイチイ、トチ、ウルシの木で作ったそうです。

このお供え、収納にもひと工夫が。
台になっている部分をひっくり返したところにおもちが2個入ります。
ですので箱に入れてしまっておくのに小スペースで済むんですよ、あら便利。
みかんは空いているところにポンと。
佐藤さんの作品には遊び心のあります。
もちろん、遊び心だけじゃなく、使い手の身になって形を追求する姿勢が感じられます。
佐藤さんの作ったスプーンを使っている方の中には、もう他のものは使えないと言う人も。

DSCN3869_convert_20111212183146.jpg 佐藤さんの「お誕生セット」。別々に買うことも可能ですが、セットでお祝いなどに!

(こぼしさんは含まれません。大きさの参考にと思って置きました。)



続いて高橋 睦さん(夢積工房)。
去年も感じたことですが、高橋さんはとっても器用なんだろうなぁと。
まず点数に圧倒されるんですが、その多くには絵付けがされています。
どのくらいの時間でどのくらい作れるのか、驚くばかりです。

DSCN3864_convert_20111212182919.jpg DSCN3865_convert_20111212183041.jpg DSCN3866_convert_20111212183100.jpg

ブローチやネックレス、そしてお箸がズラリと。
セーターやカーディガンにつけるのもいいでしょうし、
マフラーをとめたりするのにも合いそうなブローチです。



201112121822000.jpg 『もの食う本』木村衣有子著/ちくま文庫 

何度かひめくってくださっている、木村衣有子さんの本。
絵は武藤良子さん。そして、カバーデザインと扉デザインは木村敦子さん(てくり木村さん)!
“食べるシーン”が印象に残る本のことを綴った本。
宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』もあれば、谷崎潤一郎、幸田文、江國香織などなど
40編ほどの作品について書かれています。
自分が読んだことがあるものを探したら・・・
ありました、『A-Girl』くらもちふさこの描いたマンガです。
共感しまくりの内容でした。詳しくは書きませんけどね。
ぜひ読んでみてくださーい。


てくり木村さんといえば、全国紙モデルデビュー(?!)しちゃいました!

201112121822001.jpg 『プラチナConfie[コンフィー]』/交通タイムス社

特集のひとつが、
「手仕事と素敵なカフェめぐり 岩手・盛岡 大人の旅歩き」ということで、
光原社さんやござ九さん、釜定さん、クラムボンさん、一茶寮さん、
ふかくささん、南昌荘さんと、ひめくりも一緒に掲載いただいています。
でね、その特集の最初のページ(を、扉という言い方をします)を飾っているのが木村さん!
さらに別ページでは、川向うのcartaさんでお茶する姿も。
本屋さんで探してみてくださいな。
スポンサーサイト

page top

2011-12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。