ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

天気のいい週末でした。 

2011/06/05
Sun. 18:13

今日もたくさんのお客さまに来ていただきました。ありがとうございます。
さて、ただいま開催中の秋田のガラス作家グループ展のフライヤーを目にした方も多いと思います。
おいしそうなビールに目が行きがちですが、グラスの形に注目です。

DSCN2331_convert_20110524162415.jpg 秋田から届いた秋田県の形のグラスです。左に出っ張っているのが男鹿半島。

DSCN2487_convert_20110605175603.jpg そしてこのたび届いたグラスがこちら。左は秋田県です。ということは右は・・・?

そう、岩手県の形のグラスです!
なんと今回の企画展のために作ってくださいました。
右側のポコポコした部分がリアス式海岸です。
そして、下のほうに金色の四角いポイントがあるの、見えますか?
これは何の意味があるでしょう?県南のほうですよ~。

さて答えは?
フライングぎみですが、平泉の世界遺産登録を祝して!金色堂をイメージしてのポイントです!!
作者は小牟禮尊人さん。
小牟禮さんは秋田公立美術工芸短期大学 工芸美術学科の教授で、
今回の企画展は教え子さんたちとともに参加してくださいました。
実はテレビ東京 TVチャンピオン「ガラスアート王選手権」に出場して
3年連続チャンピオンという偉業を成し遂げた、おもしろくてすごい経歴の持ち主です。

昨日、今日と店に来てくださり、お客様へ丁寧な説明をしてくださいました。
合間を見て店を出たり入ったりしてると思えば、
ハトをてなづけようとしたり、青大将を捕まえたりと、
なんだか楽しく過ごしてくださったようです。


DSCN2489_convert_20110605175630.jpg こちらは熊谷 峻さんの作品です。

熊谷さんは現在、小牟禮さんの“教授補助”をしつつ、作品づくりをしています。
写真は透明なグラスと青っぽいグラスがありますが、青い色は銅を使って出しているそうです。
型吹きという方法で、木の型を使っています(実際の木の型を展示しています)。
他にも焼き物に使う土を使った器や、オブジェも並んでいます。


搬入日(6/2)から4日間、秋田から来てくださった作家のみなさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

page top

2011-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。