ひめくり日記

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

page top

来年のこと 

2010/12/28
Tue. 14:45

「ぽち袋展」開催中!
DSCN0935_convert_20101223185113.jpg ぽち袋展は、12月30日(木)まで(16:00終了)。

ぽち袋=お年玉袋、ではありませんよ!
小さなものを入れて贈ったり、飲み代の精算の時(?)など、使い方はいろいろ。

え~、連日の呼びかけとなりますが、参加者のみなさん、
もろもろ、年明け1月7日(金)以降ということでよろしくお願いいたしま~す。



今日は年明けのお知らせをモリモリと。
年明けは1月2日(日)から営業、「てまる展」からスタートします!

てまる展
2011年1月2日(日)~15日(土)
「てまる」 ━岩手の手仕事 人をむすぶ器たち━

0000183M[1] 

岩手の工房・販売店・県工業技術センターでつくった「てまる」シリーズは、

使い手や作り手、高齢者、障がい者、子ども、家族・・・・沢山の人の「手」が輪(まる)となってつながり、

「人と人」「人と社会」の結びとなってほしいという願いから誕生した普段使いの器です。

たとえば、お椀の場合は片手でも口元まで運べるよう、指のかかりをつけました。

お皿などは、置いてすくう時に食べやすいように、縁に返しがあります。

スプーンの持ち手は太く、口元は薄く。木ならではの軽さと握りやすさ、優しい口当たりが特徴です。

福祉食器として、またおもてなしの器として、毎日の食卓でお使いください。


期間中は作り手の方が来てくださる日もあります。
オーダーメイドのご相談なども受けていただけるそうですので、
ぜひ直接お話を聞いてみてはいかがでしょうか。
日程につきましては後日、ブログ内でお知らせいたします。

てまるの作り手
陶来/大沢 和義(飯椀、おかず皿など 磁器)
東北巧芸舎/佐藤 勲(スプーン 木製品)
みのり工房/林郷 亨(汁椀など 木製品)
道具屋(雑貨と家具の店)/長沼・主濱(企画・販売)
共同開発:地方独立行政法人 岩手県工業技術センター

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「てまる展」最終日1月15日(土)には、
まちの編集室主催 「てくり12号」発刊記念イベントが開催されます。

大人のたしなみシリーズ1
「佑子さんと一緒に、利き酒会」

日本酒がおいしい季節です!
美味しく飲めればイチバンですが、色や香りなどちょっと専門的な味わい方を知っていたらさらに楽しめますね。
そこで、てくり12号でご紹介した県工業技術センターの山口佑子さんをお呼びして「利き酒の会」を開きます。
審査をするわけではないので、日常のたしなみの一つとして、気軽に参加してくださいね。
今回は、「ひめくり」のご近所にある「菊の司酒造」さんのお酒を4~5種類ほど用意。
全問正解の方には、ちょっとした賞品もあります。

●日  時:1月15日(土)14時~15時半頃まで
●参 加 費:1人1,000円 
●定  員:15名
●申し込み:ひめくりまで TEL:019-681-7475

※1月15日(土)の営業時間は16:00までとなります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1月16日(日)は
プリンカルタ大会に参加しよう!

プリンを愛してやまない人々の集まり「プリン同盟」
2011年、な、なんと結成10周年を迎えるそうです!
例年、春になると会長宅で必ずやるという「プリンカルタ大会」を
今年は 特別に(?)ひめくりで!しかも参加自由!!
さらに、会長お手製の「ひめくり限定プリン」を販売します❤❤❤
気が向いたら、封印中の「プリン人生ゲーム」もやるかも?!
優勝した人には、賞状と賞品があるかも。(すべて「かも」です。。。)

みなさんプルってご参加くださーい!
とは言ってもあまり気合いは入れないでね~。
ゆる~くいきましょ。 「いぬも歩けばプリンにあたる」 こんな感じですから。。。

●日  時:1月16日(日)
      1回目 12:00ぐらい~
      2回目 15:00ぐらい~
      参加したい方は、時間に間に合うようにご来店ください。
●所要時間:30分ぐらい?(読み手によるそうです。。。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日最後のお知らせ

金継ぎ教室 
~お気に入りの欠けてしまった器、漆で直してまた使いましょう~

欠けたり割れてしまった器を、漆を使って修復する金継ぎ。
お客様数人からお問い合わせをいただいた経緯もあり、
先日開催した「箸の絵付け体験ワークショップ」の講師 田代 淳さんと相談し
「金継ぎ教室」を開くことにしました。
今回は【初級編】です。初回に金継ぎ道具セットをご購入いただきます。
教室で丁寧に教えていただき、各自持ち帰り次の教室までに課題を進める、
それを3回繰り返し、完成を目指します。
みなさまのお申し込みをお待ちしております。

IMG_7564.jpg お気に入りの器があらたな表情となり、ますます愛着を持って使い続けることができるのでは。

【全3回】1回あたりの所要時間は約2時間、定員6名
1回目:1月19日(水)11:00~13:00
<内容>漆のお話、工程の説明、器の状態確認、錆付け
2回目:2月 1日(火)11:00~13:00
<内容>進行具合の確認、研磨、塗りの説明
3回目:2月16日(水)11:00~13:00
<内容>進行具合の確認、金蒔き

場  所shop+space ひめくり
担当講師田代 淳
参加費用4,000円×3回
金継ぎ道具セット代4,000円(ヘラ、テレピン、生漆、錆土、筆、耐水ペーパー、アートナイフ、タッパー、下敷き 材料と用具をお持ちの方はご相談ください。)
※仕上げに使用する金粉はセットに含まれていません。教室の後、ご自分でやってみたい、本格的に道具を揃えたいという方はご相談ください。
持 ち 物
①欠けた器ひとり2、3点(素焼きは扱いが少し大変なので、釉薬がかかっているものか磁器からチャレンジすることをお勧めします。また、今回は初級編ということで、「欠け」を直すことが中心になります。「割れ」の金継ぎは、接着後きちんと中まで乾くのに時間がかかるため、今回の教室では接着までとなります。春以降に、「割れ」を直す教室を予定したいと思っていますので、そちらに参加していただくと完成することができます。)
②ウエス(ぼろきれ ※着なくなったTシャツなど。)
③使い捨てゴム手袋(※必ず使い捨てのものをご準備ください。教室と、ご自宅での作業などのたびに使用しますので、複数枚入りのものをお勧めします。)
④作業着(※漆が洋服に付いた場合、洗濯をしても落ちません。汚れてもいい服装、もしくはエプロンと腕カバーなど、各自ご準備ください。)
受  付:定員となり次第、締め切りとさせていただきます。
お申込み方法:ブログ「ひめくり日記」http://himekurimorioka.blog76.fc2.com/のメールフォームからメールを送っていただくか、FAX.にて受付致します。以下をご記入の上、お申し込みください。
 ○氏名
 ○住所
 ○電話番号

注意事項:欠け、割れともに漆で直します。漆かぶれについて、個人差はありますが体質によりかぶれることがあります。多くは直接触れた場合に起きますので、使い捨てゴム手袋をご使用いただき、使用後は触れることのないよう、処分をお願いします。直接触れなくても体調や気候にも左右され、直接触れなくてもアレルギー反応が出る場合もあります。これらのことをご承知いただき、お申込みに際しましてはご自身の責任においてご判断ください。また医療保障などは負いかねますのでご了承ください。

【講師紹介】田代 淳(たしろ じゅん)
1970      東京生まれ
1991      女子美術短期大学 卒業
1994~96   岩手県安代町漆器センター 研修
1996~98   日本クラフト展 入選
1999~2010 真室川町うるしセンター 勤務
2000      日本クラフト展 入選
2001      ドイツTALENTE2001 出品
2003      木と暮らしの工芸展 審査委員賞
スポンサーサイト

page top

2010-12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。